劇団ひとり言

趣味には一途な管理人が、ひとりブツブツと綴った“日記”?です。 どうぞ4649~。

2014-06-23 [ Mon ]
 毛虫が大発生してからというもの、日々の格闘が続いています。
 最近は“敵を知りざるは・・”ということで、だいぶ毛虫についても詳しくなりました。

 そもそもアメシロかと思っていた敵は、大きさが全然違うということで調べた結果、マイマイガの毛虫?ということが発覚・・。
 どうりでウチのなんか7~8センチはあるもんな~。
 ただ、ひとつ不可解なのは自分の症状と違う点、マイマイガは無毒らしいんですが、調べた感じだと自分の症状はチャドクガに近い。
 チャドクガの毛虫画像を調べると小さい時のはあるんですが、ある程度大きくなった時の画像がないため、事実確認が出来ません。
 マイマイガなのかチャドクガなのかで、対応も全然違うのに・・。
 それとも自分はホントの毛虫アレルギーで、毒は関係ないんだろうか?

 薬もまいてみたのですが、小さい時なら効くそうなんですが、デカくなってしまった毛虫にはあまり効果が無い様子・・。
 直接入れたわけでもないのに、霧状のが池に入ってしまうんですかね?
 錐揉み状に泳ぎ出すメダカが続出し、水を交換して落ち着きましたが、何匹かお別れしてしまいました。
 これを見るとメダカが少なくなっていくのわかる気がします・・。(汗)

 ウチの上さんはカメ牧場には近寄らないため、
 「後2週間もすれば蛾になるんだからほっとけ」
 な~んて言っていますが、俺が無理・・。

 今週末も格闘していましたが、やっぱり痒い~・・。
 今日も寝られそうにないよ~・・。

 TS3U20146223.jpg

 TS3U20146222.jpg
スポンサーサイト
2014-06-16 [ Mon ]
 先日、何年(←何十年?)ぶりかで、風邪以外で病院に・・。
 ほぼ全身に発疹が出来、痒くて堪らなかったためです。
 診断はというと、毛虫アレルギーとのこと・・。(汗)

 元々、多少アレルギー体質気味ではありましたが、こればかりは直接触った覚えもなく、お医者さんに異議を申し立てるも、毛虫の毛は宙に舞うそうで、直接触ってなくても近くに行くと発症するんだそうです。
 “心当たりは?”と聞かれ、“無いです”と答えたものの、多分目は激しく動揺していました。

 今年は毛虫の当たり年らしく、何匹捕殺したかわからないほど・・。
 多分毛虫の祟りですね。(汗)

 ・・とは言え、植物が被害を受けているのをそのままにしているわけにもいかないので、以前はトラバサミで捕殺していましたが、今日は帽子・手袋・長袖・長ズボン、トラバサミをやめてバーナーで炙る方法に・・。
 飛び散った毛が焼け落ちるのか、今のところは前に比べて大分調子イイです。

 お医者さんに、“春以外に、秋も毛虫シーズンだから今後気をつけてねっ”なんて嬉しくないアドバイスをもらったものの、趣味上どうしても毛虫に遭遇するリスクは増える。

 今後どうしようかなぁ・・。
 疲れからくる、一過性のアレルギーであって欲しいなぁ~・・。(悲)
2014-06-02 [ Mon ]
ここ久しく更新をサボっていたらしく、久々にチェックしたら広告が・・。(汗)

・・というのも、以前日記にて書いたのですが、今の仕事が忙しくて、なかなか心に余裕ができません。
仕事以外でも、子供のスポ少の試合、練習、運動会、休日出勤のオンパレード・・。
自分の時間が全く取れないなか、我ながらよく頑張ってるなぁって、他人事のように思ってしまいます。

忙しくて、庭の世話も多少おろそかになっていますが、そこはそれ・・。
放し飼いのメリットか、カメ達も自由気ままに過ごしているみたいです。
メダカ達も冬を越して、これから繁殖の時期。

 TS3U2014050502.jpg

生き物を飼っている以上、最低限の世話はしてやらねばと思う、今日この頃です。(汗)

※今年は暖かいせいか、我が家だけかもしれないのですが、毛虫がスゴイ。
 どうやってたどり着くのか、池の真ん中にある花菖蒲がひどいことになっています。
 池にあるせいで薬も撒けないし、そうゆう所を狙って集中攻撃している様子・・。
 毛虫も賢いですね・・。(苦笑)

 | HOME | 

2014-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

FC2カウンター

プロフィール

Author:ライトが虹色

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム